ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

トラブルに大騒ぎする同僚に辟易する私

こんにちは、MARIです。

気づけはもう12月、イルミネーションにクリスマスソング、今年もこの季節が

やってきました。

かつては、今年はどんなクリスマスケーキを予約しようか、大分前から悩み、

イブ当日に予約したケーキを取りに行ったりしていたこともありましたが、

そういった執着は今では驚くほど無くなり、当日仕事帰りに残っていれば

買えばいい、くらいに変わりました。

エネルギーがだんだん少なくなってきている証拠かもしれませんね(苦笑)

 

先日、仕事で、あるトラブルが発生しました。

複数の目で何度も確認して提出したはずの書類にミスが見つかり、提出先から

指摘を受けたのです。

その提出先の会社に対しては、この数か月、種類は違うもののミスが続いており

今度こそは間違えられないという思いで、ダブルチェック、トリプルチェックを

して提出したはずのものでした。

 

電話を受けたとき、「まさかね・・・」と思いながらも、嫌な予感・・・

そして、その予感は残念ながら当たってしまい、またミスがあったことが発覚

しました。

 

今回ミスが生じた箇所は、システムで自動計算される個所のため、本来は間違いが

起こらないはずの箇所なのですが、今回は何故かそこに間違いがあったのです。

 

ミスはミス、間違っていることは確かなので、兎に角謝罪をし、すぐに確認作業に

入ろうと同僚に先方からの指摘を伝えたところ

 

「えー!!!おかしくない???」

「そんなはず無い!!」

「だってシステムで自動計算なんだから、ありえない!!」

と大騒ぎに・・・

f:id:happyworkmethod:20161204204841g:plain

私の会社、かなりエモーショナルと言いますか、感情表現豊かな社員が多く、

日ごろから大きな声で、私から見るとオーバーリアクションとも思えるような

リアクションの社員が多いのですが、この時もまさにそんな感じ。

 

ありえないと思っても、実際に起きているわけだし、騒いでいないで、まずは

どこでミスが生じたのかを特定し、正しい情報を一刻も早く先方に再提出するのが

先決でしょ、と私などは思うのですが、どうも同僚はそうではないようで、

いつまでも、「おかしい!」、「ありえない!」、「これじゃあシステムの意味

がない!」と叫んでいて、一向に課題解決に向かう気配がなく、正直うんざり

しました。

 

こんなとき、私は異様に冷静になります。

もともと、いい意味でも悪い身でも冷静沈着、淡々としているといわれる私は、

同僚のような反応をする人が正直理解できないし、苦手でもあり、そういう人を

前にすると、冷静さに磨き?がかかり、人によっては冷酷な人間に映ることも

あるようです。

そして、この時も間違いなくそんな感じだったと思います・・・

騒ぎ続ける同僚を無視し、どんどん他の人に指示を出して、1つ1つ問題を確認、

結果的には、その日のうちになんとか原因の究明ができ、先方にも再度の謝罪

と共に正しいデータの提出、現時点で分かった原因についての説明ができ事なきを

得ました。

 

が、問題は解決して終わりでは当然なく、今度は再発防止策を考えるという作業が生じます。が、その同僚に「再発防止のためにできること考えないとですね」と言ったところ、返ってきたのは

 

「でもさ、今回のミスはシステム上のトラブルで、たまたま起こったもので、

今回初めてだし、いろいろな偶然がたまたま重なった結果だと思うから、

きっと大丈夫だよ」

 

という根拠のない返事。

 

そして極めつけは、

「最後は人間がやることだから、やっぱりミスはどうしたって起こるんだよ」

という、いかにも悟ったかのようなのセリフ。

 

確かにヒューマンエラーを完全になくすことは不可能かもしれない。

でも、できる対策をすべて取って、極力ミスをしないようにすること、

とくに同じミスは絶対に起こらないような仕組みを作ることは最低限やらなくちゃ

ダメでしょ、 

という私の思いは全く届くことなく、平行線のまま話が終わりました・・・

疲れた・・・

f:id:happyworkmethod:20161204204929j:plain

これは、性格の問題なのか、仕事への姿勢の問題なのか、

果たしてどっちなのか、きっと両方で、この両方が私と真逆なんですね。

 

同僚のような、自分の感情に正直で、のど元過ぎれば的な感じで楽観的な人が

うらやましく感じることもたまにあります。

でも大体は、イラッとします。

数年付き合ってきて、こういう人だと分かっているのに、イラッとするのは私が

大人になりきれていないのだとも思います。

過去と他人は変えられない、と分かっているのに、どこかで相手に変わって

欲しいと思っているのだと思います。

 

来年は、大人になって、自分とは異なる思考や感情を持つ相手にもっと寛容

になり、うまく合わせることで、自分のストレスも軽減できるようになりたいと

思います。

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------