ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

ハロウィンの狂騒で思い出したこと

こんばんは、MARIです。

今日はハロウィンですね。

夜7時頃の東京駅では、渋谷駅が混雑しているという注意喚起のアナウンスが

流れていました・・・

東京駅でもアナウンスする必要があるほどの混雑って、想像するだけでも

おぞましいゲッソリ

 

そもそも私が中学・高校の頃にはハロウィンなんてなかった。

いや、あったけど、まだまだ海外のイベントというイメージは強く、日本では

かぼちゃグッズが少しあるくらいだった気がします。

f:id:happyworkmethod:20161031222243j:plain

 

そして、そのころの私は日本にはハロウィンは絶対に浸透しないと思って

いました。

ああいう、仮装などは日本人には馴染まない慣習だと思っていたのです。

が、予想は見事に外れました。

今ではバレンタインもしのぐ一大イベントだとか。

 

でも、私には無理です。

どんなに世の中に浸透しても、仮装とか、コスプレとか、血のリメイクとか、

どんな時も冷静に自分を客観視してしまうところのある私には無理なんです。

 

思うのは、今の時代に若者じゃなくてよかった、ということ。

多分、今私が10代とか20代だったら、このノリについて行けずきっと友達から

浮いていたんだろうな、みんなが楽しんでいる横で、一人冷めて、ノリが悪い

とか言われていたんだろうなと想像つきます。

 

そしてもし、バブルの頃にも私が大学生だったり、社会人だったりしても

それもきっと馴染めずに浮いていただろうなと思います。

毎日のように飲みに行ったり、踊ったり(というイメージ)、そういう生活には

絶対に馴染めない。

私は人見知りでは全然ないですが、社交的でも全然なく、むしろ一人が好きな

タイプなので、常にだれかと一緒にいるのはすごく疲れるのです。

あの頃、中高生でよかった、と心の底から思います。

 

でも、そういうのを楽しめる性格だったらよかったのに、もっと社交的だったら

良かったのにと思うことも沢山あります。

その方が人生楽しいんじゃないか、楽しめた方が生きるのが楽なんじゃないか、

私は性格的に損しているんじゃないかと思うことはしょっちゅうです。

 

そして、そういった自分を無理してでも変えた方がいいんだろう、

嫌なこと・苦手なことにもあえて挑戦したほうがいいんだろうと自分に言い聞かせ、

いやいやながら苦手なことに挑戦しようとしていた時期もありました。

そういった“努力”が自分の「成長」に必要だと思っていたのです。

 

でも、そんな私にこんな言葉をかけてくれた人がいました。

 

「あなたの歳になったら、もう無理して苦手なことをやらなくてもいいと思う。

若い時は、苦手なことや嫌いなことに挑戦することも必要だけど、

もう十分にやってきたはずだから、これからは自分の好きなこと、得意なこと、

心地いいと思える環境で、できる事を頑張ればいいと思う。」

 

その時の私は40歳くらい。

すごく気持ちが楽になったのを覚えています。

 

「今の自分でいい」

 

これは現状維持でいい、ということではなく、今の自分の強みをさらに生かして

いけばいいということだと私なりに理解しています。

 

「弱みを強みに変えるのではなく、強みをさらに強みにする」

 

ハロウィンの狂騒から、今日はこんなことを思い出しました。

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------