ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

私、イライラしてます…

こんばんは、MARIです。

季節の変わり目だからか、最近体調が優れず・・・

そんなことも理由の1つでしょうが、この1週間ほど会社でのイライラが

続いていますプンプン

 

そして、いい歳して感情のコントロールができていないことに、

曲がりなりにもアンガーマネジメントを学んだのにイライラしていることに、

落ち込んだり、嫌な気分になったりし悪循環です・・・

f:id:happyworkmethod:20161018233712j:plain

アンガーマネジメントでは、怒りは第2次感情であり、怒るのにはそこに他の感情

(第1次感情)があるからだと言われています。

 

私、このことを知った時、目からうろこでした

私がパートナーにイライラするのは、連絡がないことを不安に思う気持ちが

あるからであり、

上司にイライラするのは、私が感じている危機感を全く理解しないことへの

もどかしい気持ちや悲しい気持ちがあるからです。

 

でもこれらの第1次感情よりも、怒りという第2次感情が表出されるのは、

怒りという感情は他の感情に比べてエネルギーが強いからなのです。

 

で、今、なぜ私はこんなにイライラしているのだろう、そこにある第1次感情

は何だろうと考えてみました。

 

そして私が行き着いた第1次感情は・・・

 

「虚しさ」と、「不信」、そして「不満」でした。

 

私はこの2か月ほど、業務自体は全く難しくはないものの、とにかくボリューム

があり、手間がかかり、また神経を使う仕事を、本来業務に加えてやっている

のですが、これが私にはとにかく虚しいのです・・・

いわゆる事務作業的なもので、それ自体を否定するつもりは全くないのですが、

その作業に日中追われ、気付いたらもう夕方5時、なんてなっていると、

「何のために転職したんだっけ?」

「この仕事するために転職したんじゃないよね?」

という「虚しい」気持ちになってしまうのです。

 

そして、上司は、我関せず、他人事です。

私が何をやっているのかすら理解できていないのではないか?

どれだけの時間と手間がかかるかをこの人は理解しているのだろうか?

という上司への「不信感」。

 

それから、私が朝から晩まで、ランチも30分程度で切り上げて、もくもくと

仕事をしている傍らで、ずっとおしゃべりをして、この人は会社に何をしに

来ているのだろうか?と思ってしまうほど仕事への姿勢に疑問がのこる同僚

への「不満」。

 

こういった1次感情がイライラをひきこしているんだな、と気付きました。

 

では、なぜこの1次感情が起こるのか・・・

アンガーマネジメント的に考えるなら、そこに私の、”こうあるべき”という

強い「べき」があるからなんです。

 

そうなんです、

・私はもっとほかの業務に時間を割くべき

(事務作業的なことは暇な同僚がやるべき)

・上司は私の大変さを理解すべき

(滞りなく進めていることにもっと感謝すべき)

・同僚はもっと真剣に仕事に取り組むべき

(暇なら私の仕事を少しは手伝うべき)

 

こんな思いがあったんですね。

いやあ、嫌な感じです(苦笑)

 

でも、この「べき」は人によって全く違います。

確かに単なる事務作業かもしれませんが、必要だからやっていることで、

絶対に他の業務の方が重要とは限りませんし、

 

確かに私にとってはかなり面倒な仕事ですが、もしかしたら上司にとっては、

別に面倒でもなんでもないことかもしれません。

 

また、私から見れば、同僚は仕事への真剣さが不足しているように思いますが、

同僚なりに真剣なのかもしれません。

 

つまり、私が思う「べき」は万人に通じる「べき」ではないということです。

 

アンガーマネジメントでは、この自分の「べき」の境界線を広げることが

イライラを減らす1つの方法と考えます。

 

実は、私の口癖は「~すべきだよね」なんです(汗)

こうあるべき、こうすべき・・・

なので、このことを学んだ時もまたまた目からうろこ、そして妙に納得しました。

「べき」に縛られて、自分がイライラしているのはバカバカしいですよね。

 

と、思って「べき」の境界線を広げようと思っているのに、なかなかできていない現状・・・

 

明日から心機一転、アンガーマネジメントがちゃんとできるように頑張りたいと

思います!

 

  

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------