ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

映画「怒り」から受け取ったメッセージ

こんにちは、MARIです。

東京は今日もお天気悪いです・・・

 

先日、メンタル系のカウンセリングをメインに行っているカウンセラーの友人

から聞いたのですが、この季節は例年ご相談が増えるそうです。

やはり天気や気候と、気持ちには強い関係性がありそうですね・・・

f:id:happyworkmethod:20160924122823p:plain

そんな私も、このお天気のせいもあるのだと思いますが、ここしばらくは何となく

気持ちがどんよりしています。

理由は分かっています。

 

「この人、本当に信頼してよいのか・・・」

という漠然、いや、もはや漠然ではないのかもしれない、不安というのか疑いが

出てきてしまったから。

 

もう数年の付き合いになる人ですが、何となく?と思うことがここ数か月続いて

います。

 

私はどちらかというと用心深く、そんなにすぐに人を信用したりせず、一定の距離感

を保って付き合うタイプです。

そんなこともあり、友人と言える人はそれほど多くはないのかもしれませんが、

私が友人と思える人はみんな信頼できて、私にとって大切な人たちです。

たとえそれが仕事を通して知り合った人でもです。

 

でも・・・

あの人は、どうなんだろう??

 

そう思うなら、つきあいをきっぱり、すっぱり止めてしまえばいいのですが、

今回ばかりは、なかなかそう決断することもできずにいます。

 

多分、私の心の中に、私が大切な人だと思ったその確信を信じたいという

思いがあるんだと思います。

 

そんな時に見た、現在上映中の映画「怒り」は私にある強いメッセージを

くれました。

f:id:happyworkmethod:20160924122846j:plain

それは、「人を信頼することの難しさと大切さ」です。

 

そして、私はもう少し信じてみたいと思いました。

 

信じることは時には辛いこともあります。

もしかしたら、後々深く後悔することもあるかもしれません。

 

でも、信じないことで大切な関係を失ってしまう後悔よりはいいかな、と

この映画を見て思いました。

 

この映画からどんなメッセージを受け取るかは人それぞれですが、

何かを考えさせられる少し暗めの映画が好きな方にはお勧めの映画です。

 

------------------------------------------------------------------ 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------