ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

人生と仕事 -思い出す姉の言葉-

こんにちは、MARIです。

3連休というだけで、なんか気分がゆったりしますねウインク

お天気がいまいちでお出かけに向かない今日は、家の掃除やら夏物の片づけ

やらをしています。

 

先日、ある方のカウンセリングをしました。

その方は、非常に仕事ができ、かつ責任感も人一倍強い方。

そして仕事へのゆるぎない信念もある・・・

 

ゆえに、必然的に仕事がその方にどんどん振られ、仕事が溢れる。

それを何とかこなそうとして、長時間労働に陥り、精神的にも肉体的にも

ギリギリ。

でも、責任感と信念があるから、手抜きも出来ず、さらに悪循環になり、

よって、気持ち的な余裕もなくなり、部下にも厳しくなる。

 

仕事ができるから、自分のようにできない周囲への不甲斐なさやイライラ感も

マックス。

結果、パワハラと言われてしまう・・・

 

このケース、実はパワハラ行為者にはよく見られるケースです。

パワハラをしてしまう、あるいはパワハラと言われてしまう人というのは、

大体仕事ができる人が多いので、特に珍しいケースなわけではないのですが、

今回気になったのは、その方が何度も言った

 

『私がやらなければ、仕事は止まる。誰も私の代わりは出来ない。

そうなれば会社として重大な問題になり、会社の存続にも影響する』

 

という言葉でした。

 

本当にそうなんだろうか…

本当に誰も代わりにできないのだろうか…

 

このセリフを聞いて、昔姉に言われた

「会社なんて、人が一人辞めても何の影響もなく動いていくんだよ」

という言葉を思い出しました。

 

それは、私が以前かなり忙しく働いていた時のことです。

あるPJをほぼ一人で担当していたのですが、その業務量はかなり多く

やってもやっても終わらず、残業に次ぐ残業…

誰かに分担してもらおうにも、そもそも内容を把握しているのは上司だけ。

上司は他のことで忙しいので、一人でやるしかなく、誰にも頼れないという

状況で

 

「私がここで休んだら大変なことになる」

「誰もこの仕事を代わることはできない」

 

私はそう思い込んでいました。

 

一方、そんな環境下で、プライベートでは、私は大きな悲しみと苦しみの

真っただ中におり、

 

「仕事なんかしている場合じゃない」

「自分には今もっと大切なことがある」

 

と心の中で思い、仕事なんて投げ出したい!とも思っていました。

 

が、変に責任感も強く、そして(思えば自信過剰だったともいえると

思いますが)自分にしかできないと思い込んでいた私は、

精神的にも肉体的にもボロボロになりながら仕事を続けていました。

 

f:id:happyworkmethod:20160918133336p:plain

 

その様子に見かねた姉が私に言った言葉が上記の言葉です。

 

その言葉を聞いた私は、

「私がやっている仕事はそんなレベルのものじゃないんだ!」と姉に

反発しました。

でも、心の中では、

「そうかもしれない・・・」という気持ちもあり、むしろ本音ではこっちの

気持ちの方が強かった気もします。

でも、それを認めなかったのは、

認めてしまえば自分がガタガタと崩れてしまうような、

今まで気力で乗り切っていたものがすべて水の泡になってしまうような

そんな怖さもあったのだと、今振り返ると思います。

 

結局、その時はそのまま仕事は続けたのですが、その後その会社を退職した

ときに姉の言葉が正しかったことが分かりました。

 

退職したいと申し出てから、長いこと引き止められて、漸く辞められる

ことになったこともあり、退職してもいろいろ質問されるんだろうなと

覚悟していたのですが、色々聞かれたのは退職して1か月くらい、

こちらが拍子抜けするくらいでした。

 

その後も私は何度となく転職をしていますが、退職の意思を伝えれば、

会社は必ず「それは困る」というけれども、辞めてしまえば何とか

回しているんです。

 

「結局そんなものなんだ」

 

これが長年の会社員生活から私が感じたことです。

 

私だけが、私がいなくては大変と思っていただけで、

当然ですが、会社なんて社員一人がいなくなってもちゃんと回るという

ことです。

いなくなって困るのは、もしかしたら社長くらいかもしれません。

いや、社長ですら、暫くいなくても大丈夫なのかも・・・

 

もちろん仕事をする以上責任をもって、きちんとやり遂げることは大切です。

でも、それで本当に大切なことを犠牲にしたり、

健康を害するようなことになるのは本末転倒だと、私は思います。

 

もし、頑張っていることでとても辛いなら、

一度そこから離れてみるという勇気も持つことも大切なことだと思います。

 

 ------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------