ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

麻雀で内定を勝ち取る?

こんばんは、MARIです。

このところ台風が立て続けに来ていますね。

改めて自然の猛威を知らされる今日この頃です。

 

そんな大雨の中、リクルートスーツに身を包み、びしょびしょに濡れながら

スマホを見ながら歩いている就活中と思われる方を先日見かけました。

 

スーツにアイロンをかけ、靴も磨き、髪も整え、家を出てきただろうに、

面接会場につく頃には見る影もないはず・・・

自分だったら、きっとやる気も失せ、もういいや、と帰りたくなってしまうだろうなと

思いながら、ここからもう社会人としての試練が始まっているんだな、なんて思って

見ていました。

 

と、こんな記事が目に入ってきました。

 

<就活>マージャンで内定リーチ 採用に導入、勝負勘見極め

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000025-mai-soci

 

f:id:happyworkmethod:20160827221855j:plain

 

この記事によると、麻雀は頭の回転の速さや勝負勘、運が必要とされ、

企業側が学生に求める能力と一致する部分も多いため、最近、採用試験の1つに

取り入れる企業があるんだとか・・・

 

なんと斬新なびっくり

と思う一方、なんとなく、企業の話題作り、いい人材が採用できない企業の

苦肉の策、大学の一芸入試的な匂いを感じ、こんな採用をする企業に胡散臭さを

感じたのも事実。

(いやあ、私だったら、試験に麻雀があるって聞いたら、まず受けないな…)

 

でも、記事によると、5年も前から取り入れている企業もあるとのことで、

どうやらそれなりに一定の成果を上げているようです。

 

なんでも、麻雀ではロジカルさや瞬時の判断力、勝負強さが養われるということで、

つまり、麻雀が強い人には、こういった力が備わっていると考えられる、

ということなんだとか。

 

つまり、これはコンピテンシー(成果を生み出す望ましい行動特性)です。

麻雀が強い人には

ロジカルシンキング

②タイムリーな状況判断力

③リスクテイキング力

 

この3つのコンピテンシーが備わっているということです。

 

でも、それなら将棋だって囲碁だっていいんじゃない?

と思ったのですが、将棋や囲碁にはないものが麻雀にはある・・・

 

それは、ずばり、コミュニケーション能力です。

 

将棋や囲碁は二人で、じっくり静かに対局しますが、麻雀はわいわい、がやがや。

 

今、企業が新卒採用時に求める能力の第1位は、ここ10年以上常に

コミュニケーション能力です。

 

ということで、3つのコンピテンシーに加え、コミュニケーション能力の高さも

分かってしまう麻雀が採用試験に選ばれているようです。

 

こう考えると、麻雀が採用試験となるのも何となく理解できますが、

それでも、これはやっぱり「流行り」で、定着するとはとても思えない私は、

保守的なのでしょうか・・・

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------