ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

ID:sqwy9c 生前退位のニュースに思うこと

こんばんは、MARIです。

 

今日は東京は午後から雷を伴う大雨になっていますね。

帰宅時間にも重なり、交通機関にも影響が出ているようですが、皆さんは

無事帰宅できたでしょうか?

 

昨日、天皇陛下が生前退位のご意向を示されているというニュースが流れました。

恐らく多くの日本人が衝撃をもって聞いた(見た)のではないでしょうか?

宮内庁は全面的に否定しているとのことですが、日本人としては気になりますね。

 

そして、今日は、このニュースから私が思い出したことをお話ししたいと思います。

それは、ずばり「権限移譲」と仕事の「抱え込み」です。

 

この権限移譲、英語ではDelegation(デリゲーション)と言いますが、

皆さんの中にも、上司のデリゲーションの仕方に不満を覚えた方も

沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

 

かくいう私も、かつての上司の中に、このデリゲーションにかなり問題のある

上司がいました。

 

それは、

自分のやりたい仕事はいつまでも抱え込んで手放さず

自分のやりたくない、あるいは苦手な仕事ばかりをデリゲーションする

というものでした。

 

ある意味、専門職に近い仕事で、私もその経験を積みたくて入社したのですが、

口では

「○○さんにはどんどんお任せしたい」

「早く独り立ちできるようになって欲しい」

などと言いながら、

実際は全部一人でやってしまうのです。

 

上司はその仕事が大好きで、渡したくなかったんですね

 

どうしてもその上司のスケジュールの都合で私にデリゲーションせざるを得ず、

私が対応した時も、ぎりぎりまで自分のスケジュールを変更すべく試行錯誤。

 

結局私が対応し、その結果の報告をした際も、

「ふーん、そうなんだ・・・」

「うーん、そうかなあ・・・」

 

と、あからさまな否定はしないものの肯定もしない、という態度。

自分ができなかったことが面白くない上に、

私がそこそこ結果を残したことで、仕事を取られたような気持がしたんだと思います。

 

逆に、どんどんデリゲーションしてくるのは、明らかにその上司が興味がなかったり、

苦手な仕事ばかり。

 

仕事ですから、もちろんやりましたが、そもそも私だってそんなに興味もない仕事だったので

嫌な仕事、面倒な仕事を押し付けられて、いいように使われている気がして

とても理不尽な思いがし、かなりモチベーションが下がったことを覚えています。

 

恐らく、その上司は無意識だったのだと思います。

人間、だれでも防衛本能がありますから、自分の大切なものは守りたいという

気持ちがあって当然ですし、楽しいこと・興味があることならずっとやりたいと

思うのも分かります。

 

でも、上司たるもの、部下の育成も1つの、そして最大のミッションのはず。

そこで抱え込んでしまったり、自分の苦手なものばかりを振るようでは

人をマネジメントをする立場としては失格です。

 

もちろん、

「部下にはこの業務をやるための十分なスキルや能力がまだ備わっていない。」

とか

「今まで自分がやってきたような精度の高いものは無理にちがいない」

とか思い、デリゲーションを躊躇したり、

 

あるいはデリゲーションはするものの

「まだまだ完全には任せきれないから、きちんと確認しなきゃ」

 

など、特に部下がまだジュニアな場合は、完全に手放してしまうことに

不安を感じることもあります。

 

私も、部下を初めてもった当初は、上記のような思いに加えて、面倒な仕事を押し付けたと

思われたくないとか、部下に仕事をデリゲーションしたら部下の仕事が増えてかわいそう、

等様々な思いが交錯し、デリゲーションがうまくできなかった経験があります。

 

でも、結局、気付いた時には仕事が膨大な量になり、残業しても残業しても

仕事は終わらないという事態に陥り、嫌でもデリゲーションせざる得ない状況になりました。

 

そして、ある意味衝撃的だったのは、意外にも、難なく部下が仕事をこなした、

ということです。

「案ずるより産むが易し」とはまさにこのこと

 

難しいのではないか、まだ早いのではないか、と思っていたのは上司である私だけ、

実は部下にはその力が備わっていた、と気付かされることが沢山ありました。

 

また、自分に時間的余裕ができたことで、手を付けられずにいた新しい仕事に

着手出来たり、そこで自分の新たな興味がわくものに遭遇したり、

気付いていなかった隠れた強みを発見できたりもしました。

 

そこから私が学んだことは、

「部下を信頼して、まずやらせてみる」ということ。

そしてそのためには

「抱え込まずに、自分の好きな仕事こそ思い切って手放す勇気を持つ」ことです。

 

これが、結果的には部下の成長、チームのスムーズな運営につながり、

ひいては自分自身の評価にもつながるのです。

 

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

---------------------------------------------------------------------

*メルマガもやっています。

 http://www.mag2.com/m/0001674097.html

 ほんの少しの気付きで変わるハッピーワークメソッドを隔週でお届けしています。

 是非ご購読ください