ほんの少しの気づきで変わる あなたの『ハッピーワーク』メソッド 

全ての働く女性に、快適で心地よい人間関係構築のためのちょっとしたヒントをお送りします

キッズウィーク

なかなかブログの更新ができません・・・

 

こんばんは、MARIです。

前回の更新からかなり空いてしまいました。

なんだかんだバタバタしてしまい、どうしても後回しになって

しまいます。ブログも習慣化なんでしょうが、それが出来ません。

 

前回、次回は新人研修のことを書くとお伝えしましたが、

ちょっと気になるニュースがあるので予定変更です。

 

政府がまた新たに「キッズウィーク」なるものを導入予定という

ニュースを読みました。

安倍首相「キッズウィーク」導入を検討、「子どもの人間性育むのに重要」 (AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

 

プレミアムフライデーの次はこれですか・・・

ため息しか出ない。。。

 

f:id:happyworkmethod:20170528204528g:plain

 

何でこういう発想しか出てこないのか本当に不思議です。

 

子どもが家族と過ごす時間を増やすため、地域ごとに休日を分散する

というもので、何でも安倍首相によると、

「子どもたちの豊かな心や人間性を育むには、子どもたちが

家族とともに休日を過ごし、地域の行事に参加することなどにより、

絆を深めることが重要」だから、キッズウィークを設ける

ということのようですが、何故そのために大型連休を作らなければ

いけないのか、甚だ疑問です。

 

詳細はまだわかりませんが、もしキッズウィークが本当に導入されれば、

その趣旨に沿うなら子を持つ親は会社を休む必要があります。

そもそも、「働き方改革」をわざわざ叫ばなければいけないほど

長時間労働、休みも取りにくい日本でそんなに自由に連休が取得

できるとも思えませんし、休みたくもない日に、国から休みを

取得することを半ば強制されている気もします。

他の時期に有休を使いたいと思う人もいるでしょうし、

その時期が繁忙期の人だっているでしょう。

 

そうなると、今度はどうしても休めない親が出てきて、

家族と過ごせない子どもが出てくる。

もしかしたら、出かけることが出来なかった子どもは仲間外れにされ、

いじめられるかもしれません。

 

また、地域でキッズウィークを設定するなら、保育園もきっと休みになって、

働かなければいけない親が子どもの預け先に困るという事態も生じます。

 

更には、同僚へのしわ寄せもあります。

もし本当に子を持つ親がみんな休んだら、その間彼らの仕事を誰かが

やらねければいけず、それは結局子どもがいない同僚です。

 

国はマタハラ禁止を今年の1月から法制度化しましたが、マタハラの背景の

1つには、育児をしていない人が、育児中の社員の仕事の肩代わりを

させられているという強い不満もあると思います

何故、育児中の社員ばかりが優遇されるの…

仕方がない、協力しなければと分かってはいるものの、肩代わりするせいで

更に仕事が増え、ますます残業が増えていくことになり、そのことに

不公平を感じてしまうのは当然のような気もします。

勿論、だからと言ってマタハラが許されるわけではありませんが、

もしキッズウィークが本当に導入されたら、この不公平感、不満は

増幅されることは目に見えています。

 

国は花火ばかり打ち上げるのは止めて、もっと企業の実態を見る必要が

あると思います。

一体誰の発案なのか知りませんが、センスの無さに毎度あきれはてます。

プレミアムフライデーだって、機能しているようには見えませんし、

ハッピーマンデーだってもともと目的としていた経済効果がどれほど

出たのか怪しいものです。

 

最高学府出身の集まりなら、少し考えればわかりそうなものなのにね…

 

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

-------------------------------------------------------------------

 

仕事と健康

こんばんは、MARIです。

かなり久々の更新になってしまいました。

今年に入ってから、なんだかやたらと忙しく…

 

f:id:happyworkmethod:20170409000941g:plain

まあ、それだけ仕事を頂けているということでもあり、

大変ありがたいことなわけですが、そもそも、あまりの忙しさに嫌気が

さし、前の会社を辞めたにも関わらず、結局やっぱり忙しいことに

自分でも苦笑いです。

 

周囲は私のことを、仕事好きと言いますが、そうでもないと思います。

休み大好きですし、時間とお金があるならいつでも旅行に行きたい!

 

でも、「働かざるもの遊ぶべからず」なので仕事を頑張るわけです。

 

でも、仕事はきっと嫌いじゃないんだと、最近思うようになりました。

やるからには、もちろんいい加減な仕事はしたくないし、こだわりはかなり

あります。

フリーでも仕事をしていると、1つの仕事のクオリティが次につながるかに

関わってきますし、やはりせっかく声をかけてもらえたのなら、

チャンスは逃したくないので、ついついどん欲に仕事を入れてしまうわけです。

 

で、結果自分で自分の首を絞めている(苦笑)

 

最近つくづく思うのは、健康でよかったということ。

健康じゃなければ、働きたくても働けない、当たり前ですが。

 

見た目はそんなに丈夫そうには見えないみたいですが、

実はかなり丈夫です。

多少無理しても大丈夫な自信あります

ただ、睡眠は必要ですけどね。

 

そして、これは父に似たのだと思います。

私の父は、健康そのもので、70年以上の人生の中で病気と言ったら盲腸

くらいなもの。

37度の熱が出ると大騒ぎするほど風邪すら滅多に引かず、家族が風邪をひくと、

「気が緩んでいるからだ!」と平気で言ってしまうような人なのですが、

間違いなく私はこの父の血を継いだのだなと思います。

そして、これにはとても感謝しています。

こうして今、私が忙しくても健康でいられるのは、父のお陰かもしれないと

最近つくづく思います。

 

今年は、「仕事を頑張る年」と決めていたのですが、今のところ順調に実行

できています。

今年の仕事の頑張りが、結果としてどうでてくるかを見極めながら、

来年はフリーの仕事にもっと重点を置けるよう仕事をシフトしていきたいと

ひそかに思っています

 

次回は、先日行った新人研修で思い出した自分の新入社員時代のことを

お話ししたいと思います。

あまり間が空かないうちに・・・

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

-------------------------------------------------------------------

 

 

日本の常識は外国人の非常識?

おはようございます、MARIです。

毎日寒いですね、日本全国で冬将軍がきているようですし

今年の冬は例年になく寒い気がするのは私だけでしょうか・・・

 

寒いのは嫌いですが、寒いときに寒い所へ行くのは好きで、過去には流氷を見に

1人で紋別に行ったり(しかも2度!)したこともあります。

今気になっているのは、というか、かなり前からですが、蔵王樹氷です。

スキーは全くしない私ですが、一度は樹氷を見に冬の蔵王に行ってみたいと

思っています。

 

さて、本題です。

今朝テレビを見ていたら、2017年の春闘がスタートしたというニュースを

やっていました。

今年もベースアップの実施を促したとか・・・

 

f:id:happyworkmethod:20170123212816j:plain

ベースアップというのは、ベアとも略され、給与のベース(つまり、基本給)が

一律で何%かアップするというものですが、このベースアップを毎年当たり前の

ように要求する春闘に、私はかなり前から違和感を感じています。

 

物価がどんどん上昇していた昔ならいざ知らず、成果主義が浸透している今、

何故給与を一律で上げる必要があるのか・・・

パフォーマンスに応じた昇給があればいいんじゃないの?と個人的には

思うわけです。

もちろん、働く側としては給与が必ず毎年上がるのは有難いことですが・・・

 

で、この時期、このベアの話題がでると思い出すことがあります。

外資系企業で報酬関係全般を担当していた時のことです。

外資系企業では、外部コンサル会社が実施する報酬調査というものに参加して、

競合他社がどのくらいの昇給を予定しているのか情報を得て、それを自社の

昇給額決定の際に加味するということをやるのですが、私は、これらの調査に

参加し、結果を踏まえたうえでその年の昇給額とその配分をトップに提案し

承認を得るという役割を担っていたことがありました。

 

この手の報酬調査の参加企業は殆どが外資系企業で、私がいた会社も、当然、

外資系企業を競合とみなし、その情報を得ようとしていたわけですが、一方で、

一応日本に籍を置く企業として大手日系企業の動向もおさえては置く必要もあり、

日本の会社の昇給率も必ず聞かれるわけです。

 

その時の説明で苦労したのが、この「ベア」です。

会社のトップは本国からきた外国人になるわけですが、海外にはこの「ベア」

という概念はありません。彼らの中で昇給と言えば、個々人のパフォーマンス

によって変わってくるものであり、全員を一律で昇給するなんて全くの想定外

です。

 

「賃金を全体的に底上げするってどういうこと??」

「何で、一律であげなくちゃいけないの?」

「評価結果に関係なく、出来の悪い社員の給与まであげるっていうこと?」

「何故、なぜ??」

となるわけです。

f:id:happyworkmethod:20170123213236p:plain

勿論、あからさまにそんなことは言いませんが、怪訝そうな顔や、半分呆れた顔

を見れば言いたいことは分かります。

最後は、これは日本の慣習だから・・・という説明で無理やり納得してもらう

わけですが、困った、というか面倒だったのは、外資系企業ではトップは2-3年

単位で変わっていくということです。

特に私がいた企業では、日本の市場は大きく、日本のトップになるということは、

今後本社でかなり重要なポジションにつける可能性が高い将来有望な人材という

ことで、短期間で結果を出してすぐに本社へ戻るというのが普通だったこともあり、

1年もたたずに交代したこともありました。

トップが変わるたびに同じ説明をしなくてはならず、容易に想像できる反応に、

どう説明すれば少しは納得してもらえるのか毎回悩んだものです。

結局、誰にどう説明しても、反応は一緒でしたが…(苦笑)

きっと今でもこの説明、していると思います。

ベア、なくならないですもんね・・・

古き良き時代、時代錯誤って感じが私にはしますが、経団連の皆様からしたら

守るべき大切な「権利」であり、「主張」なのでしょうね。

そういえば、他にも似たようなことがありました。

外部に委託して社内アンケートを実施した際、その結果が「偏差値」で出てきた

ときです。

我々日本人にとったら、受験でお馴染みの「偏差値」も、外国人には概念自体が

分からないようで、説明にかなり手間取ったのを覚えています。

「偏差値60って、どれくらい?」

「100点満点の60点?」

「どういう計算?」

「で、いいの?悪いの?」

慣れ親しんでいる我々日本人にはすんなり入ってくる数字も、彼らにはさっぱり

理解不能で、それをいざ説明しようとしたら、実は自分も良くは分かっていな

かったことが分かった、という思い出があります(苦笑)

これもダイバシティなのかもしれないですね。

我々にとっての当たり前は、彼らにとっての当たり前ではない、という当たり前

のことを改めて思い出すことこそ、ダイバシティの一歩ですね。

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

-------------------------------------------------------------------

 

2017年の抱負

こんにちは、MARIです。

そして、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 

f:id:happyworkmethod:20170111153623j:plain

 

なかなかブログの更新ができませんが、今年も細々と続けていきたいと

思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

ところで、皆さんは今年の目標は立てましたか?

新年だからって、別にあらたまって目標なんか立てなくても・・・と思いつつ

やはり、昔から「1年の計は元旦にあり」っていいますし

何か気持ちを新たに目標を立てようという気になるのが新年ですよね。

 

これって日本だけの習慣なのかと思っていたら、アメリカでも

New Year's Resolutionと言って同じような習慣があるんですよね。

日本のようにお正月をあまり特別視せず、2日から普通に働き始める欧米では

新年だからと言って特に気持ちを新たに何かをする、ということはないのかと

思っていた私は、このことを知ったとき少し驚いた記憶があります。

 

そして、この新年の目標とか抱負ですが、私が子どもの頃は、年が明けると

同時に家族がそれぞれ今年の抱負を発表しあうという習慣?がありました。

小学生の頃は

「整理整頓をする」とか

「お母さんのお手伝いをもっとする」

なんて無邪気に言っていましたが、思春期になると、皆の前で抱負を述べる

なんて、なんか恥ずかしい気がするのと、正直、発表するほどの抱負なんて

何もない、というのが正直なところで、この習慣がとても嫌だった記憶が

あります。

 

にもかかわらず、今でも何となく、新年になると何か目標を立てないといけない

気がしてしまうのは身に染みついた習慣でしょうか(笑)?

 

そこで、今年もつらつら考えました。

 

「もっと積極的に仕事を取りに行く?」

「いやいや、それより人脈づくりでしょ」

「いやあ、英語の勉強の再開じゃない?」

「それより、仕事に直結する資格を取る方が先決じゃない?」

「うーん、仕事よりもここはやっぱりプライベートの充実でしょ、

旅行にもっと行く?」

 

色々出ては消えましたが、今年はこれに決めました。

 

「趣味を作る!」

 

そうなんです、私は趣味がないのが悩み・・・

いや、全く無いわけではないのです。

趣味は?と聞かれれば、「旅行」と答えます

これは本当で、私は自他ともに認める旅行好き。

昔は、旅人なんて言われたこともありました(笑)

f:id:happyworkmethod:20170111153653p:plain

 

でも、働いていると、まして私のように会社勤めしつつ、フリーでも働いて

いると、そんなしょっちゅう旅行に行けるわけもなく。

となると、普段の週末とか、時間がちょっと空いた時にする趣味がな…

 

かたや、周囲を見渡すと、皆さん趣味を満喫しているではないですか!

ヨガやら、フラメンコやら、パン作りやら、バイオリンの演奏やら・・・

没頭できる何かがあるって、素直に羨ましいのです。

 

ちょっとした合間や、何も予定の無い週末などに、

気軽に一人でも(ここがポイント)できる趣味を見つける!

これが私の今年の目標です♪

そして、実はひそかに候補もあります。

 

でも、でも・・・

 

趣味って、頑張って見つけるものではないんですよね、

本当は・・・

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

-------------------------------------------------------------------

 

 

クリスマスイブに蕁麻疹…

こんばんは、MARIです。

師走の忙しさで、すっかり更新が途切れてしまいました。

 

この11月・12月は色々仕事も重なり、なんだかとても忙しい日々でした。

自分では

「この程度、全然序の口!」

「まだまだいける!」

なんて思っていたのですが、知らず知らずのうちに疲れがたまっていたようで

クリスマスイブにダウン・・・

 

といっても熱が出たとかではなく、

蕁麻疹・・・

初めてだったので、びっくりしましたびっくり

 

3連休の真っただ中で、病院に行くことも出来ず、とりあえず

市販の薬を買いに走り、体中に塗りまくるものの

次から次へと広がり、体中が真っ赤に・・・

 

f:id:happyworkmethod:20161228191949j:plain

直前に生クリームたっぷりのケーキを食べていたこともあり、

まず頭をよぎったのは、生クリームが犯人ではないかということ。

でも、ケーキ大好きな私としては、認めたくない気持ちもあり・・・

「そういえば、朝、賞味期限が数日過ぎた卵をゆでて食べたな・・・」

とか

「いや、クリスマスチキンでは?」とか

考えていたら、食べたものすべてが怪しく感じられ・・・

なんだかかゆみも手伝ってか、息苦しくなるし、

これはさすがにまずいのでは・・・と若干の恐怖に襲われながら、

何とか連休を乗り切り,連休明け朝一番で皮膚科に駆け込んだところ

「食べ物ではないと思います。多分疲れとストレスでしょう」と。

あんなに食べ物のせいと思い込んでいたくせに、そういわれると

思い当たること沢山で妙に納得。

そして何よりも、食べ物のせいではないことがわかり、

これでまた何でも気にせず食べられることに、この上なくホッとした

私でした。

食べる事大好きな私としては、やっぱり食事制限はつらすぎる!!!

それにしても、体はやっぱり正直ですね。

蕁麻疹というかたちで、自分では気づいていなかった1年のたまった

「疲れ」と「ストレス」を気づかせ、

年末年始、ちゃんと心身ともにやすみなさいね、とアラートを

出してくれたんですね。

皆さんも、この1年の疲れをとって、ぜひ来年に備えてくださいね。

来年も、細々とですが、ブログを書いていきたいと思いますので

宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------

トラブルに大騒ぎする同僚に辟易する私

こんにちは、MARIです。

気づけはもう12月、イルミネーションにクリスマスソング、今年もこの季節が

やってきました。

かつては、今年はどんなクリスマスケーキを予約しようか、大分前から悩み、

イブ当日に予約したケーキを取りに行ったりしていたこともありましたが、

そういった執着は今では驚くほど無くなり、当日仕事帰りに残っていれば

買えばいい、くらいに変わりました。

エネルギーがだんだん少なくなってきている証拠かもしれませんね(苦笑)

 

先日、仕事で、あるトラブルが発生しました。

複数の目で何度も確認して提出したはずの書類にミスが見つかり、提出先から

指摘を受けたのです。

その提出先の会社に対しては、この数か月、種類は違うもののミスが続いており

今度こそは間違えられないという思いで、ダブルチェック、トリプルチェックを

して提出したはずのものでした。

 

電話を受けたとき、「まさかね・・・」と思いながらも、嫌な予感・・・

そして、その予感は残念ながら当たってしまい、またミスがあったことが発覚

しました。

 

今回ミスが生じた箇所は、システムで自動計算される個所のため、本来は間違いが

起こらないはずの箇所なのですが、今回は何故かそこに間違いがあったのです。

 

ミスはミス、間違っていることは確かなので、兎に角謝罪をし、すぐに確認作業に

入ろうと同僚に先方からの指摘を伝えたところ

 

「えー!!!おかしくない???」

「そんなはず無い!!」

「だってシステムで自動計算なんだから、ありえない!!」

と大騒ぎに・・・

f:id:happyworkmethod:20161204204841g:plain

私の会社、かなりエモーショナルと言いますか、感情表現豊かな社員が多く、

日ごろから大きな声で、私から見るとオーバーリアクションとも思えるような

リアクションの社員が多いのですが、この時もまさにそんな感じ。

 

ありえないと思っても、実際に起きているわけだし、騒いでいないで、まずは

どこでミスが生じたのかを特定し、正しい情報を一刻も早く先方に再提出するのが

先決でしょ、と私などは思うのですが、どうも同僚はそうではないようで、

いつまでも、「おかしい!」、「ありえない!」、「これじゃあシステムの意味

がない!」と叫んでいて、一向に課題解決に向かう気配がなく、正直うんざり

しました。

 

こんなとき、私は異様に冷静になります。

もともと、いい意味でも悪い身でも冷静沈着、淡々としているといわれる私は、

同僚のような反応をする人が正直理解できないし、苦手でもあり、そういう人を

前にすると、冷静さに磨き?がかかり、人によっては冷酷な人間に映ることも

あるようです。

そして、この時も間違いなくそんな感じだったと思います・・・

騒ぎ続ける同僚を無視し、どんどん他の人に指示を出して、1つ1つ問題を確認、

結果的には、その日のうちになんとか原因の究明ができ、先方にも再度の謝罪

と共に正しいデータの提出、現時点で分かった原因についての説明ができ事なきを

得ました。

 

が、問題は解決して終わりでは当然なく、今度は再発防止策を考えるという作業が生じます。が、その同僚に「再発防止のためにできること考えないとですね」と言ったところ、返ってきたのは

 

「でもさ、今回のミスはシステム上のトラブルで、たまたま起こったもので、

今回初めてだし、いろいろな偶然がたまたま重なった結果だと思うから、

きっと大丈夫だよ」

 

という根拠のない返事。

 

そして極めつけは、

「最後は人間がやることだから、やっぱりミスはどうしたって起こるんだよ」

という、いかにも悟ったかのようなのセリフ。

 

確かにヒューマンエラーを完全になくすことは不可能かもしれない。

でも、できる対策をすべて取って、極力ミスをしないようにすること、

とくに同じミスは絶対に起こらないような仕組みを作ることは最低限やらなくちゃ

ダメでしょ、 

という私の思いは全く届くことなく、平行線のまま話が終わりました・・・

疲れた・・・

f:id:happyworkmethod:20161204204929j:plain

これは、性格の問題なのか、仕事への姿勢の問題なのか、

果たしてどっちなのか、きっと両方で、この両方が私と真逆なんですね。

 

同僚のような、自分の感情に正直で、のど元過ぎれば的な感じで楽観的な人が

うらやましく感じることもたまにあります。

でも大体は、イラッとします。

数年付き合ってきて、こういう人だと分かっているのに、イラッとするのは私が

大人になりきれていないのだとも思います。

過去と他人は変えられない、と分かっているのに、どこかで相手に変わって

欲しいと思っているのだと思います。

 

来年は、大人になって、自分とは異なる思考や感情を持つ相手にもっと寛容

になり、うまく合わせることで、自分のストレスも軽減できるようになりたいと

思います。

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------

周囲の反対を押し切り元部下が転職

おはようございます、MARIです。

急激に寒くなり、季節が一気に進みましたね。

昔は秋はなんだかもの悲しい感じがして嫌いだったのですが、年齢とともに

秋もいいものだと思えるようになっていたので、ここ数年の秋の短さには

一抹の寂しさを感じます。

日本の四季はどうなってしまうのでしょうか・・・

 

先日、以前勤めていた会社の部下の子から、

「年内で退職をし、転職することにしました」

「興味のある仕事があったのでその会社に正社員で転職します」

という連絡をもらいました。

 

その子は2回の出産、育休を経て、職場復帰をして頑張っていた子です。

自宅も近いとは言えず、二人の子育てをしながらの仕事は大変だったと

思いますが、責任感も強く、時には早出をしたりして仕事を頑張って

くれていました。

 

一方、勤続年数は長いものの、上のポジションを目指すといった気持ちは

なく、

「ずっとスタッフでいいんです」

「長く働ければいいんです」

と言い切る子でもありました。

 

その会社は外資系の会社だったこともあり、ずっとスタッフでいいという

社員は必要ないと考えるような、上のポジションに行けるようなハイポテンシャル

な社員しか要らないと考えるようなカルチャーがあったため、

上司だった私は正直困った部分もありました。

 

誰もが上を目指す必要はない、人にはそれぞれの理想とする働き方がある、

と個人的には思うのですが、部下の育成が1つの大きな役割である管理職

としては悩ましいのです。

個は尊重したい、でも役割も全うしたい・・・

 

結局先に私が退職してしまったため、この課題は私の後任に引き継がれたわけ

ですが、退職後も定期的に部下と会っていた私は、いつまでも同じポジションに

いて、そして、そのことにあまり危機感を感じてないように見えた部下を

少なからず心配もしていました。

 

「このままいると、いずれ彼女の居場所がなくなってしまうのでないか…」

「今でも実は居心地が悪いのではないか…」

 

でも、結果、私の心配は取り越し苦労というか単なる老婆心だったわけです。

ちゃんと彼女は考えていたんですね。

 

正直、もし彼女が退職を決断することがあったとしたら、転職ではなく専業主婦、

もしくは正社員ではなく派遣社員という働き方を選ぶのだろうと勝手に想像して

いましたが、彼女は正社員での転職を選択しました。

 

次は、日系のベンチャーのようです。

詳細はまだ聞けていませんが、外資から日系ベンチャーということから、

いわゆる条件面は下がることは間違いないと思います。

給料は勿論のこと、福利厚生面も。

 

そして周囲からは大反対を受けたそうです。

「もったいない」と。

 

私が退職を決めたときも、やはり大ブーイング、大反対を受けました。

「何も好き好んで今の好条件の会社を辞めて、うまくいくともわからない仕事を

始めなくてもいいじゃないか」

そういわれました。

特に男性から(苦笑)

 

彼女は周囲の反対を受け、少し弱気になっている部分もあるようです。

「決めちゃったけど、本当にこれでよかったのかな」と。

 

私も退職して気付いた、というか改めて気付かされたことの1つに、

その外資系の会社が「条件」的にいかに素晴らしかったか、ということが

あります。

給与は比べ物にならないくらいさがりましたし、休暇1つとっても、法廷を

超えた有休の他に、風邪などの時に使える有給のSick Leaveがあったり、

育児短時間勤務中も給与が減額されることなく保証されたり…

 

f:id:happyworkmethod:20161113113619j:plain

 

その環境にいたときは当たり前に感じていましたが、その環境から脱した途端に、

その素晴らしさや有難さに嫌が応にでも気付かされました。

 

きっと彼女も、新しい職場で、自分が今までどれだけ恵まれた環境で働いていたか、

それがどれだけ安心感につながっていたかに改めて気付かされ、現実の厳しさに

打ちのめされることもあるでしょう。

 

でも、それでも私は彼女の選択・決断に賛成し、応援したいと思います。

興味のある、やりたい仕事に出えたことの方が、何倍も素晴らしいと思うから。

何かを選択するときには、何かを諦めなくてはいけないこともある、

私はそう思います。

 

勿論、全てを手に入れることができるに越したことはありませんが、いったんは

手放すことも大切なことのような気がします。

 

大企業病に陥っていた自分を一度解放して、新たな一歩を踏み出す。

その先には、苦労も多いと思いますが、現状維持では得られなかった何かを

得ることができると信じて、この3年頑張っています。

そして、今回の彼女の報告は、私を、改めて頑張ろうという気持ちにもさせて

くれた気がします。

 

------------------------------------------------------------------- 

 Small Step Makes You Happy

 -小さな一歩は大きな変化をもたらしますー

--------------------------------------------------------------------